ヘッドライン


山に登ったら道に迷ってしまったのだが、同行してくれた山岳サークルの隊長が・・・

kijitopsiba.png
今までにあった修羅場を語れ 30話目


724: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/04(日) 12:06:00.37 ID:ZxWHyebC.net

人間パニックになると本当に判断能力が皆無になるんだな

数年前の冬、標高せいぜい1000m程度の山に登った
当時、初心者に毛が生えた程度の俺と嫁の練習も兼ねて、山岳サークルの女性隊長が同行してくれた
隊長は経験値も豊富で凄い人だったし地図等の準備も万端なので安心して付いて登った
ところが誰かが悪戯で道を示すテープを変な方向に貼っており道に迷ってしまった
元来た道を一時間も引き返せば登山口に戻れるので、道に迷ったのが決定的になった時点で休憩食事
を取り引き返そうとした
隊長は今まで一度もそういったミスをした事が無いのと、俺と嫁が初心者だったのでこの人たちは
絶対に返さなければならないという義務感などでパニックになった
食後帰ろうとすると、元来た道じゃなく兎に角下に行けそうな道を歩こうとする
顔面蒼白で数分おきに変な方向に行こうとするので、こちらの方が心配になった
一時間ちょっとで入口に戻り事なきを得たが、たったそれだけの時間で四回も五回も別の道に行こう
とするのが怖かった






729: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/04(日) 13:45:12.56 ID:7t1S6yDf.net

>>724
自分は別にベテランではないが登山で道に迷ったときにパニクって磁石の北と南を逆に読んで傷を大きく拡げたことがある
焦ったときほど手間暇かけて慎重に事を運ばねばならないと学んだ


730: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/04(日) 14:00:36.33 ID:ZxWHyebC.net

>>729
山の場合パニックは命に関わるからシャレにならんよね

実際六甲山みたいな低い山で
今回俺らが迷う原因になったのと同じロープの悪戯で数人しんでいるし
山では軽い気持ちの悪戯とかしないで欲しいと思う


725: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/04(日) 12:09:31.11 ID:ES4xux23.net

熊に襲われて負傷しながら
冷静に目潰し繰り出して撃退した爺さんがいかに凄いかだな
普通パニックになるわ


726: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/04(日) 12:22:25.51 ID:Cgt2Jc4d.net

>>725
空手?の有段者だったよね


728: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/04(日) 13:13:22.41 ID:ZxWHyebC.net

>>725
あの爺さんは流石だし修羅場潜っているからだろうね
隊長は、山登り経験は無茶苦茶豊富だが常にちゃんと準備して安全な計画する
人だったから、他人の悪意による迷子という初めての経験に弱かったんだと思う


731: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/04(日) 14:13:38.66 ID:G/D+Omcl.net

山でそんないたずらあるんだ
ただでさえ怖いのに、そんなトラップ有りなら
そりゃ素人はばんばんしぬわな


【スカッと!】コトメ『私大人に見えるから買えちゃうんだよね〜w』私「」 → 未成年で色々やらかしてた → 私友「ちょっと練習台お願いしたいんだけど…」私「そうだ!」 → 結果ww



≪他サイトの人気記事(アンテナサイト経由)≫


[ 2017/04/22 00:35 ] 修羅場 | TB(-) | CM(2) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク
隊長さん。
そんなのはベテランとは言わないよね。
自分がパニックになったら普通落ち着いて他のメンバーの
意見も聞くものだと思うが。
[ 2017/04/22 02:12 ] [ 編集 ]
実は凄い方向音痴だったりして。
何度も行った場所や、ルート指示のある場所は行けるけど、
誰かのイタズラなどで別の道に入ってしまったりすると、
途端に進むべき方向を見失う人とか。
[ 2017/04/22 11:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
≪おすすめアンテナサイト≫


≪おすすめサイトいろいろ≫

プロフィール

ばしモン

管理人:ばしモン


詳しくはABOUTにて

連絡はメールフォームから
お願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ページランキング
スポンサードリンク
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ