ヘッドライン


女帝と呼ばれていたお局が定年退職して、他の関連会社に就職したのだが・・・

kijitopsiba.png
その神経がわからん!その17


113: 名無しさん@おーぷん 2016/02/03(水)00:50:25 ID:5UQ

女帝と呼ばれていたお局が定年退職した。
会社の最古参でコネが強く、暴虐の限りを尽くした婆さん。
女帝は嘱託で残ろうとしたけど、社員が一丸となって追い出した。
しかし女帝はコネを使って関係のあるオフィスに就職してしまった。
接触はほとんどなくなったけど。

うちの仕事では、たまに国際行事があって海外出張もある。
女帝は必要もないのに経費で同行しては仕事もせず遊び回ると評判が悪かった。
しかし女帝が経理を握っていたのと、上の連中が弱みを握られ脅されていたのとで、
女帝は毎年あちこちの国に楽しく遊びに行っていた。

女帝の退職後は、用もないのに出張に同行する社員もいなくなった。
でも女帝の方は再就職先のオフィスでも
必要もない海外出張同行を続けていて、我々は呆れるやら感心するやら。

ある日私が電話を取ると相手は女帝だった。
某国への海外出張から戻ったところだそうで、
どんなに行事が盛大だったかとかウキウキ語る。
この人ホントに海外出張が好きなんだなあと思いながら
「そうですかー、お疲れ様でしたー」とか適当に相槌を打っていたら、
女帝がちょっと黙り込んで、不機嫌そうに要件に移った。

あの沈黙は何だったんだろうと思って古参の社員に聞いてみたら、
「そりゃ貴方が羨ましがって気を悪くしないから、
あっちが気を悪くしたんでしょ」とゲラゲラ笑っていた。
今の私は仕事の内容的に前の女帝と似たようなポジションにいるので、
特に私にライバル心があるらしい。
「貴方は海外出張に行けないのね、私は今でも行ってるわオホホホホ」
と当てつけたつもりだったのに、私の反応が薄いので苛立った、と。

私はファックスを取りに行くのさえ面倒だと思うくらいで
PCの前から動かずに済むのが一番というタイプ。
出張なんて日帰りでも嫌々行っている。
女帝が何と戦ってるのか知らんが、先輩たちの言う
「どれだけ物事を思い通りにしても満たされない人」っての、
当たってるなあと思った出来事。


知人の子供が周囲の子とまるっきし喋らない。授業が難しくなる前に発達か見てもらうように勧められても放置






≪他サイトの人気記事(アンテナサイト経由)≫


[ 2017/04/03 12:35 ] ダメ・気に障った話 | TB(-) | CM(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
≪おすすめアンテナサイト≫


≪おすすめサイトいろいろ≫

プロフィール

ばしモン

管理人:ばしモン


詳しくはABOUTにて

連絡はメールフォームから
お願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ページランキング
スポンサードリンク
他サイトの人気記事