酒と泪と男と女

679 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/22(土) 14:12:09 ID:U44SoZA8
酒と泪と男と女

丹羽長重の家臣、江口三郎右衛門の家来に出口という60才の老将がいた。
出口は数々の武功を挙げたが、酒乱が災いして200石の薄禄に甘んじていた。

関ヶ原の合戦で、丹羽長重が大聖寺を攻撃した際、出口は江口隊として従軍した
が、歳のせいでへばってしまい暫し休憩していた。

そこに、腰に短刀、片手に瓢箪を持った老女が江口の陣に向かって歩いて来た。
よく見れば、自分の妻ではないか。
「おーい、こっちだ!好物の酒を持ってくるとは感心な妻じゃ。」ところが妻は
夫を無視して、江口の陣に向かう。
妻は江口の陣につくと、陣の外でへばっている夫を指差し、
「あそこにいるじじいは私のダンナです。戦場で昼寝するような男に酒を飲ませ
るバカはいません。あなたたちも、あんなろくでなしにならないよう、必死で戦
いなさい。」と励ました。
そして、妻は浅井山によじ登り、前線にいる大将の江口に陣中見舞いの酒を届け
た。
よろこんだ江口は酒を飲み干し、見事敵将を討ち取った。

さて、妻にバカにされた出口は奮起して、こちらも見事首を取った。
「ばばあ、首を取ったぞ。早く酒を飲ませろ。」
それを見た妻は笑い、
「あなたは酒飲みたさに奮起しただけでしょう。その首を取った手柄はあなたで
はなく、この瓢箪と言うべきでしょうが。」
とカラの瓢箪を振って見せた。
「くそ~、あのくそばばあに騙された。せっかくの首もムダになったわい。(あ
の古嫗に誑かされて、あだ骨を折りつる事よ)」と非常に悔しがった。

そんな夫婦のやりとりを見ていた江口たちは大笑いしたという。
(武将感状記)

↓《記事の途中ですがこちらもどうぞ》↓




コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

≪他サイトの人気記事(アンテナサイト経由)≫

1001:となりの名無しさん:20XX/1/1(日) 00:00:00.00 ID:tonashibahu



[ 2013/03/31 11:00 ] 為になる話 | CM(0)

人気のおすすめ記事

≪おすすめアンテナサイト≫


≪おすすめサイトいろいろ≫


トラックバック:
この記事のトラックバック URL

最新記事
職場で後輩が1週間休むことになり、見舞金を5,000円ずつ集められた。こういう無意味なやりとり本当にやめたい… 2019/12/27
当方男なんだけど男の友人がお洒落な店に誘ってくるのが困る… 2019/12/27
満員電車で大学生風の可愛い女の子が私の顔を正面から見つめ「あの……っ、気持ち悪いんですけど!!!」 2019/12/27
バイト中に「○○(店の名前)ってどこにありますか?」と聞かれた。館内では聞いたことのない店だったから… 2019/12/26
幼馴染に英語を教えてるのだが、テストの点数が悪いと私のせいにしてくる… 2019/12/26
同僚夫妻が普通の引き締まった体型なんでそこだけ見れば健康的なんだが、肌艶とか顔立ちが不自然に若々しい… 2019/12/26
30代半ばで婚活している友人。すごく頑張ってるんだなと思っていが、とにかく文句が多い… 2019/12/26
職場で今まで一番若い(といっても30過ぎ)だった子が新しく来た若い子に冷たい… 2019/12/26
夫のフリン相手の旦那に「あなたの奥さんは以前フリンしてたんですよ」と伝えたら… 2019/12/25
葬式の為に久々に実家に泊まった。夜に寝ていたらドアをどんどんと激しく叩かれて飛び起きた… 2019/12/25
他サイトの人気記事その1
月別アーカイブ
お世話になってます