彼女の家の本棚に彼女の好きな作家の本とノートがあった。俺「「このノートは何?」怖くなって別れてしまった…

koiai.png

百年の恋も冷めた瞬間 Open 8年目

187: 名無しさん@おーぷん 18/07/03(火)12:42:28
社会人になってから付き合った彼女
物静でほんわかした可愛らしい人で、好きな小説家が一緒だった
自分も彼女もその作家の作品は全て揃えているのだけど、
彼女は作中の台詞や文章をよく覚えていて、
会話の中にちょいちょい挟んできた
中二病臭い独特の言い回しが多いんだけど、
そんなに嫌ではなく、むしろ記憶力いいなー、と尊敬していた
そんな彼女は読書以外趣味らしい趣味はなく、
休日もあまり外出はせず、テレビも見ない人だった
買い物もあまりしない
本もその作家以外はあまり読んでないみたいだったので、
一人のとき何しているのか不思議だった

あるとき、初めて彼女の家に招かれた
独り暮らしの部屋には、ほとんど物がなく、
ただ、大きな本棚があって、そこにはその作家の本と、
大量のノートが収まっていた
「このノートは何?」と聞くと、はにかみながら見せてくれた
ノートにはびっしりと小説の中身が書き写されていた
「好きすぎて写経してるの」
「書いてると言葉が心に染み込んできて、幸せになるの」
とうっとりした笑みを浮かべながら言ってきた
ちなみに、その作家の文章は難解で、一冊の量が多い
別に悪いことしてるわけじゃないし、
人に迷惑かける趣味でもないけど、なんだか怖くなって最終的に別れた

↓《記事の途中ですがこちらもどうぞ》↓



190: 名無しさん@おーぷん 18/07/03(火)20:42:24
>>187
「御行仕奉」とか「嗤う」とか使っちゃう作者さんが浮かびました…

203: 名無しさん@おーぷん 18/07/06(金)12:51:05
>>187
亀レスだけど本の内容書き写しって法的に問題は無いんだろうか

204: 名無しさん@おーぷん 18/07/06(金)12:57:56
>>203
個人の趣味の範囲だから大丈夫だと思う

205: 名無しさん@おーぷん 18/07/06(金)13:02:32
>>203
私的複製でググれ



コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

≪他サイトの人気記事(アンテナサイト経由)≫

1001:となりの名無しさん:20XX/1/1(日) 00:00:00.00 ID:tonashibahu



[ 2019/08/19 23:35 ] 恋愛 | CM(0)

人気のおすすめ記事

≪おすすめアンテナサイト≫


≪おすすめサイトいろいろ≫


プロフィール

ばしモン

管理人:ばしモン


詳しくはABOUTにて

連絡はメールフォームから
お願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
たまに行くラーメン屋はトッピングのネギ増量を頼むとラーメンとは別の小皿にネギを入れて持ってくる… 2019/12/05
自分の頭ほどもあるポップコーンをくわえたスズメが飛び立ち、私に向かって飛んできた… 2019/12/05
元夫「俺の誕生日もうすぐだけどどうする?またハワイとかにする?」なんでリコン前の約束がまだ生きてると思ってんだよ… 2019/12/05
新しく入ってきた新人がやばい。新人の仕事とされてる雑用をナチュラルに先輩にやらせようとする… 2019/12/05
うちの嫁は他愛ない日常会話においてもおれの意見を否定して自分の正当性を主張してくる… 2019/12/04
主任「味噌汁っていったらやっぱ豆腐にワカメだよなぁ」俺「そうですね。でも私はきゅうりの味噌汁ですね」 2019/12/04
久しぶりに会う伯父にいろいろ言われた。「今何歳?」「仕事は?」「恋人はいる?」「趣味は?」 2019/12/04
高校の同級生だったAは、資産家の息子だった。そのためか、俺様で女を見下すところがあった… 2019/12/04
電車で大騒ぎしている女の子を友人が宥めた。私「あんな宥め方があるんだ。子供好きなんだね」友人「子供なんか大っ嫌いだよ」 2019/12/04
大叔父夫婦の家の整理をしたら勲章や日本刀が見つかったらしい… 2019/12/04
他サイトの人気記事その1
月別アーカイブ
お世話になってます