彼女の家の本棚に彼女の好きな作家の本とノートがあった。俺「「このノートは何?」怖くなって別れてしまった…

koiai.png

百年の恋も冷めた瞬間 Open 8年目

187: 名無しさん@おーぷん 18/07/03(火)12:42:28
社会人になってから付き合った彼女
物静でほんわかした可愛らしい人で、好きな小説家が一緒だった
自分も彼女もその作家の作品は全て揃えているのだけど、
彼女は作中の台詞や文章をよく覚えていて、
会話の中にちょいちょい挟んできた
中二病臭い独特の言い回しが多いんだけど、
そんなに嫌ではなく、むしろ記憶力いいなー、と尊敬していた
そんな彼女は読書以外趣味らしい趣味はなく、
休日もあまり外出はせず、テレビも見ない人だった
買い物もあまりしない
本もその作家以外はあまり読んでないみたいだったので、
一人のとき何しているのか不思議だった

あるとき、初めて彼女の家に招かれた
独り暮らしの部屋には、ほとんど物がなく、
ただ、大きな本棚があって、そこにはその作家の本と、
大量のノートが収まっていた
「このノートは何?」と聞くと、はにかみながら見せてくれた
ノートにはびっしりと小説の中身が書き写されていた
「好きすぎて写経してるの」
「書いてると言葉が心に染み込んできて、幸せになるの」
とうっとりした笑みを浮かべながら言ってきた
ちなみに、その作家の文章は難解で、一冊の量が多い
別に悪いことしてるわけじゃないし、
人に迷惑かける趣味でもないけど、なんだか怖くなって最終的に別れた

↓《記事の途中ですがこちらもどうぞ》↓



190: 名無しさん@おーぷん 18/07/03(火)20:42:24
>>187
「御行仕奉」とか「嗤う」とか使っちゃう作者さんが浮かびました…

203: 名無しさん@おーぷん 18/07/06(金)12:51:05
>>187
亀レスだけど本の内容書き写しって法的に問題は無いんだろうか

204: 名無しさん@おーぷん 18/07/06(金)12:57:56
>>203
個人の趣味の範囲だから大丈夫だと思う

205: 名無しさん@おーぷん 18/07/06(金)13:02:32
>>203
私的複製でググれ



コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

≪他サイトの人気記事(アンテナサイト経由)≫

1001:となりの名無しさん:20XX/1/1(日) 00:00:00.00 ID:tonashibahu



[ 2019/08/19 23:35 ] 恋愛 | CM(0)

人気のおすすめ記事

≪おすすめアンテナサイト≫


≪おすすめサイトいろいろ≫


最新記事
職場で後輩が1週間休むことになり、見舞金を5,000円ずつ集められた。こういう無意味なやりとり本当にやめたい… 2019/12/27
当方男なんだけど男の友人がお洒落な店に誘ってくるのが困る… 2019/12/27
満員電車で大学生風の可愛い女の子が私の顔を正面から見つめ「あの……っ、気持ち悪いんですけど!!!」 2019/12/27
バイト中に「○○(店の名前)ってどこにありますか?」と聞かれた。館内では聞いたことのない店だったから… 2019/12/26
幼馴染に英語を教えてるのだが、テストの点数が悪いと私のせいにしてくる… 2019/12/26
同僚夫妻が普通の引き締まった体型なんでそこだけ見れば健康的なんだが、肌艶とか顔立ちが不自然に若々しい… 2019/12/26
30代半ばで婚活している友人。すごく頑張ってるんだなと思っていが、とにかく文句が多い… 2019/12/26
職場で今まで一番若い(といっても30過ぎ)だった子が新しく来た若い子に冷たい… 2019/12/26
夫のフリン相手の旦那に「あなたの奥さんは以前フリンしてたんですよ」と伝えたら… 2019/12/25
葬式の為に久々に実家に泊まった。夜に寝ていたらドアをどんどんと激しく叩かれて飛び起きた… 2019/12/25
他サイトの人気記事その1
月別アーカイブ
お世話になってます