戦時中の話。祖父は曽祖父に「戦場に行かせたくない、非国民かもしれんが俺はお前の命が惜しい」と言われて逃げたらしい…

syuragen.png

今までにあった修羅場を語れ【その12】

692: 名無しさん@おーぷん 2015/08/17(月)15:39:33
祖父の修羅場
戦時中に軍の後方勤務?か何かで軍需工場で働いてた
しかしある時に工場の事故に巻き込まれて負傷
傷が治るまで家に帰されることになった
だがこの時、傷が元で祖父の視力はかなり下がってしまっていた
曽祖父がこっそり診させた医者曰く、
長期的にはほぼ回復するが、このまま戦場に行ったら
うまく戦えず氏ぬかもしれないとのこと
だというのに治り次第早く元の場所へ戻れ
という空気が周囲にあり、
祖父の身分証等々も地元の駐在に預かる名目で取られていた
傷がどんどん癒えていくのと同時に
戦場がどんどん近づいてきてとても恐ろしかったそうだ

↓《記事の途中ですがこちらもどうぞ》↓



そしてほぼ完治して来週にでも戻れという状況になったある日のこと
深夜に曽祖父に呼ばれて祖父が仏間へ行くと
幾ばくかのお金と鞄ひとつが用意してあった
「これ持って逃げろ、鉄道の線路沿いに京都行け」
と曽祖父が言ったそうだ
散々悩んだが行ったら氏ぬとわかってる息子を
戦場に行かせたくない、非国民かもしれんが俺はお前の命が惜しい
曽祖父にぶるぶる震えながら言われて
祖父は泣きながら父ちゃんありがとうごめんと頭を下げて飛び出した
そのまま夜通し線路沿いに歩き、更に丸一日かけて京都駅に辿り着いた
腹を空かせて駅構内をふらふらしてると
そこに消防隊の募集があって衣食住付きと知り消防署へダッシュ
身分証等々は無いから半分賭けだったが
そこの署長に直談判したらうまく行って採用されて落ち着けた
同情してくれた署長が上手くやってくれて追っ手はこなかったらしい
逃げた後の実家の方もそれなりの旧家であったことと
曽祖父が根回し上手だったのでほぼ何もなし
そうして祖父はどうにか国内で終戦を迎えて
昭和が終わる少し前まで消防士として奉職
実家の方も当初は帰りづらくあったが
曽祖父が亡くなるまでにはちょっとずつ帰れるようにもなった
あの時に曽祖父が逃がしてくれなかったら
お前らいなかったかもなあと今年も祖父は遠い目をしている


696: 名無しさん@おーぷん 2015/08/17(月)17:39:38
>>692
ここのところ終戦70年の番組を続けて観たのと、
玉音放送までのストーリーの映画を観たのとで、じーんと来ました
あの時代に息子の命が惜しいと言えるのって、身内でも渾身の勇気が要ったと思う
いい話をありがとう!



コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

≪他サイトの人気記事(アンテナサイト経由)≫

1001:となりの名無しさん:20XX/1/1(日) 00:00:00.00 ID:tonashibahu



[ 2019/02/10 10:35 ] 修羅場 | CM(0)
≪おすすめアンテナサイト≫


≪おすすめサイトいろいろ≫


プロフィール

ばしモン

管理人:ばしモン


詳しくはABOUTにて

連絡はメールフォームから
お願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
いつもと違うラーメン屋に行きたくなりおしゃれ系のラーメン屋に入ったら店員がおじさん一人で客が誰もいなかった… 2019/04/25
私の誕生日の翌日に、元彼から「1日遅れたけど誕生日おめでとうございます」 2019/04/25
転職して今の職場に来て一番驚いたのが、社員への連絡事項等の告知手段がLINEだったこと… 2019/04/25
従兄弟「教科書が無くなったーお前が隠したんだろー」とクラスの女子をいじめていた。私にこっそり「本当はなくしたかもしれない」と言ってきた… 2019/04/25
元カレがなにかあるとすぐにツイッターに書き込む人だった。「ほんま子供じみてる、大人になれよ」とか「はぁ…めんどくさい…」とか… 2019/04/25
久々に実家に帰ったらゴミ出しルールが変わってた。今までは24時間いつでもなんでも出して良かったのに… 2019/04/25
親族経営の小さな会社に勤務してる。社長の娘婿が専務として入っているが小さな会社なのに現場の実情を知らない… 2019/04/25
高校生のとき、ひと月の間に両親を相次いで亡くして喪主を二回やったのが修羅場… 2019/04/25
仕事帰り、駅前の弁当屋で弁当を買うと「お前の嫁は家事をしないんだなぁ」と哀れみの目を向けられる… 2019/04/24
夫の祖母が赤ちゃん体重計を貸してくれた。祖母「この計りに乗った子はみんな健康に大人になった」10年後、父「体重計?あんなんとっくに壊れて捨てたわ。」 2019/04/24
他サイトの人気記事その1
月別アーカイブ
お世話になってます