ある日首を吊ろうとして輪っかに首を通した瞬間、温度のない虚な空気がすぐそばに迫ってきた…

odoroku.png

奥様が墓場まで持っていく黒い過去

920: 名無しさん@おーぷん 2015/07/11(土)22:29:14
新婚時代何度か自サツしようとしたこと

実家とも距離が置けて申し分ないぐらい
優しい主人が傍にいてくれて人生の中で一番恵まれた状況だったから、
自分の存在だけが唯一劣った存在で
この世界にいてはいけないという考えになった。
だからちょっとした失敗でも
「やっぱり私はダメなんだ」と氏のうとしてた。
(まあ「なんちゃって」だから未遂に終わるわけだけど)

ある日首を吊ろうとして輪っかに首を通した瞬間、
温度のない虚な空気がすぐそばに迫ってきて
「あ、これはやばい」と本気で実感した。
輪っかから首を外したら
オレンジの照明の色や夜の湿った空気が戻ってきた。
それからは一切自サツしようと考えなくなった。

輪っかの向こうで「あの世」の入り口に
触ったんじゃないだろうかと思ってる。
色々アレすぎて絶対に誰にも言えない

↓《記事の途中ですがこちらもどうぞ》↓



921: 名無しさん@おーぷん 2015/07/11(土)22:59:40
輪っかの向こうが地獄だったんだ?
臨氏体験の氏語の世界って花が咲いてて
おばあちゃんがいて「あなたはまだきちゃだめよ、戻りなさい」じゃないの
自サツはいかんね自サツは

923: 920 2015/07/11(土)23:06:13
>>921
単純に異世界の入り口だと思いました。
例えば冷房の効いてるお店のドアの前を通るような感じです。
足を踏み入れたその先は地獄なのかもしれませんね。

自サツはいかんというのがわかってるから
これまで未遂に終わってきたんですが、
未遂に終わるとしても真似事であっても
そういうことはやっちゃダメなんだなと身を以て知った一件でした。



コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

≪他サイトの人気記事(アンテナサイト経由)≫

1001:となりの名無しさん:20XX/1/1(日) 00:00:00.00 ID:tonashibahu



[ 2019/02/09 14:35 ] まとめ | CM(0)
≪おすすめアンテナサイト≫


≪おすすめサイトいろいろ≫


プロフィール

ばしモン

管理人:ばしモン


詳しくはABOUTにて

連絡はメールフォームから
お願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
おばさんって何で避けないの?向かい合って歩いている時、お互い半身避ければぶつからないで済むのに… 2019/05/27
独身女性の女子会大好きグループが牛耳る会社でやんわりと女子会的なものを断るようになったら、職場でのいじめが始まった… 2019/05/27
電車でおっちゃんが隣のOLに「あなたのバッグ、ずっと当たって痛いんだけど」OLは一瞥して無視した結果… 2019/05/27
20代後半の新婚の同僚。何で安定した職業の奥さんが仕事辞めて、一年契約の貴方が収入源になるの!? 2019/05/27
私用のTwitterアカウントの存在を職場の人にバラされてた。職場の知り合いがいないアカウントだから安心して知られたくないことも呟いていたのに… 2019/05/27
職場のBBAがまともに新人指導していないのに、新人がミスすると100%向こうが悪いと言い切る奴がいる… 2019/05/27
交際中の彼女が失職し、ようやく見つけた仕事が運送業。男がほとんどの職場で希少価値のある彼女にムサ苦しい連中が群がり始めた… 2019/05/27
彼女とデートをしてたら交通事故に遭った。事故から1ヶ月、彼女「別れて欲しい」理由を聞いたら… 2019/05/27
うちの兄は結婚して一家でマンション住まい。実家に来るときは鍵を預けてるからいきなり開けて家にいる… 2019/05/27
前のフルスペッククズ旦那のせいで出来た借金をこの度完済出来ました… 2019/05/27
他サイトの人気記事その1
月別アーカイブ
お世話になってます