ヘッドライン


津波で被害に遭った地域に観光旅行に行ったら・・・

kijitopsiba.png
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その9


681: 名無しさん@おーぷん 2015/10/06(火)07:26:51 ID:yX0

震災絡みの嫌な話が続いてるけど・・・。

今年のGWに岩手に行った。
津波で大きな被害を受けた三陸の地域で、
昔お世話になった人が(故人)住んでたところなので
観光旅行とはいえ少しでもお金を落としてこれたら~みたいな感じ。
でも行ってみたらまだまだ復興には遠い感じで津波の爪痕がしっかり残ってた。
そして宿泊したホテルってのが、仮設住宅の真横だったんだ。
窓からそれを見下ろす感じになってしまうので
観光なんかで来てるのが申し訳ない気持ちになった。
一泊して翌早朝に海を見に散歩に行ったら
途中でその仮設住宅に住んでる多分30代前半ぐらいの母親と子供に会った。
「おはようございまーす」って子供に声掛けられて
「おはよう」って返したら、母親の方が「ありがとうございます」って言うのね。
???ってなってたら「たくさんの人が来て下さることが励みになります」って言われた。
私だったらあんな大変な思いをして、今でもこんな不自由な生活してたら
この人のように笑顔でこんなこと言えないなぁと思って
その強さに衝撃だったわ。



[ 2017/01/24 11:35 ] 驚いた話 | TB(-) | CM(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク

自転車に突っ込まれてこけて脳震盪を起こしたら双子の妹が・・・

kijitopsiba.png
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その9


669: 名無しさん@おーぷん 2015/10/05(月)16:58:21 ID:lY8

過去にあった不思議で衝撃的な体験。
俺は二卵性の双子で、妹がいる。仲はいい方だと思う。

ある日、俺が仕事中、自転車に突っ込まれてこけて
脳震盪を起こし1分くらい意識がなかったときがった。
その時丁度妹が勤めている会社が昼休みで、妹は先輩方と談笑してたそうだ。
俺が意識なかった1分ぐらいの間、
妹は急に頭がキーンと今まで感じたことないくらいの激痛が走って
(妹の記憶はここまで)
その後、目をあけたままフリーズしたんだそう。
先輩方が話しかけても何も話さなくて、しばらくすると戻ったらしい。

いくら双子だからってそんなことがあるのか分からないけど、
俺がしんだら妹もしぬんじゃないかとか
ちょっと考えていったら怖くなった。


電話にて→私「今どこにいる?」 相手「今信号待ち!今コンビニ!」 私「は?」



[ 2017/01/23 13:35 ] 驚いた話 | TB(-) | CM(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク

被災した親戚に家を貸したら、恩を仇で返されたのだが・・・

kijitopsiba.png
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その9


661: 名無しさん@おーぷん 2015/10/05(月)10:10:08 ID:Y6a

(長文嫌いな人はスルーしてね)

震災絡みで恩を仇で返されてる方って割といるんだなぁと思った。
うちの場合は、大きな被害?ではないけど大きな失望を味わった。
私は震災の影響のなかった地方に住んでいるんだが、
義兄嫁の妹夫婦(A夫妻とする)が被災して家を流された。
A夫の勤務先も流され、結果失業。A妻のパート先も同様。子供はいない。
私と義兄嫁(同県内住み)との関係は割と良くて、
同い年と言う事もあり<相談>ではないが
<妹夫婦のことが心配で、こちらに呼び寄せようと思っている>
という話を聞いていた。
その頃、私の実家が空家になっていて、
そこをリフォームして借家にしようと言う計画があったんだけど
借家にするならリフォームした方がいいけど、
そのままでも普通に住める家だったので
3年間の期間限定でその家を提供することになった。
A夫の再就職先は義兄が紹介することになってたし、
A妻のパートもこちらならいくらでもあるから
3年あればそれなりに生活出来るようになるだろうと言う事で。
もちろん契約書もちゃんと交わした。
3年間という期間も明記してあるし、家賃としては5000円/月だけ頂くこと。
普通の賃貸契約と同様の内容で、違うのはその賃貸期間と家賃ぐらい。
家賃は事情が事情だから無料でも良かったんだけど、
借家であるという意識を忘れないでもらう意味で
5000円に設定したが全然支払って貰えず、でも催促はしなかった。
仕事に慣れて落ち着いたらでいいよって、
やっぱり被災者にあまり強くは請求できなかったし。
一年ぐらい経って、グアムに行ったらしいと聞いて、
少しは落ち着いてきたのかなと思ったが
相変わらず家賃の支払いはなく、そうこうしてるうちに
沖縄にダイビングに行ったと聞いた。
友達に勧められて夫婦でダイビングを始めてハマってしまったらしい。
そしてある日義兄嫁から
「私ちゃん、うちの妹、ちゃんと家賃払ってる?」って聞いてきたので
事実のままを伝えたら平謝りされて代わりに
今までのぶんまとめて払うって言われたんだけど
義兄嫁さんが払う筋のものじゃないし、
こちらも形上の家賃であってあまり拘っていなかった。
2ch的には餌付け乙とか言われるんだろうけど、
あの頃は現実的に被災者に対して
ましてや空家だったものを身内に貸すのに
お金をくれとは言えない空気は確かにあったんだよ。
で、丸3年がくる半年前に
「約束の期間が近付いてるけど、この後のことは考えているのか」と聞いてみた。



[ 2017/01/22 22:35 ] 驚いた話 | TB(-) | CM(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク

学生時代からの友人Aは体育会系の鑑みたいな男で常識人だと思っていたのだが・・・

kijitopsiba.png
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その9


652: 名無しさん@おーぷん 2015/10/04(日)18:22:41 ID:JSd

学生時代からの友人Aに誘われて飲みに行った
Aは学生時代キャプテンもやっていた常識人
体育会系の鑑みたいな男だ
去年結婚したばかりなのに、なんともうリコンすると言う
結婚理由「嫁が理不尽」嫁が言うには「経済DV」だそうでそれが理不尽だそうだ
Aいわく
「共働きなのに嫁が生活費を入れろと言う。あんなタカリ根性の女と思わなかった」
Aは嫁が生活費を稼いでいるのになぜ俺が?!と
14ヶ月間一銭も出していなかったらしい
給料は全部自分のこづかい
一緒に飲んでた俺とB,唖然「それ本気で言ってるか?」「マジか?」と問い詰め
Aは最初は笑ってたが、段々「え、俺がおかしいの?」みたいな顔になって
しょぼしょぼ帰っていった
常識人だと思っていたAがナチュラルに変なやつで衝撃だった

あとでメールが来て「お前はいくら出してる」と訊かれた
「嫁とキッチリ半々」と返事
Aは大ショックを受けたようで「マジか!結婚て割りにあわなすぎるな!!」だと
「割りに合ってないのはお前の嫁の方じゃね」とメールしたら
返事がなくなった



[ 2017/01/21 19:35 ] 驚いた話 | TB(-) | CM(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク

賃貸に出してた持ち家が東日本大震災で全壊したのだが・・・

kijitopsiba.png
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その9


645: 名無しさん@おーぷん 2015/10/04(日)11:57:14 ID:MLH

賃貸に出してた持ち家が東日本大震災で全壊した
全壊といっても全壊判定が出ただけで、家の形は保たれているしすぐに修繕しなくても住めるレベル(判定基準が謎)
街中で津波も全く届かない、比較的被害の少なかった地域なこともある
転勤で賃貸に出したので、今の我が家は飛行機の距離
義援金は当然うちには1円も出ない
被災した土地に住民票をおいてる人しか、義援金を貰う権利がない 自腹を切って数百万円で修繕を手配した 正直かなり痛手だったけど、被災地にいる人の苦労に比べれば安いと思った
震災の日から家賃の支払いも無かったが、当然借主に請求もしなかった
ある日、借主から加算支援金の申請をしたいのだが大家の許可がいるから、許可をくれと電話が来た
調べてみたら、倒壊した家屋の修繕にあてるためのお金を申請すれば数百万もらえるとのことで、大家の許可がいるんだそう
そして大抵の場合、うちのような被災地に住んでいない大家が、借主にかわりに申請してもらって修繕費にあてるケースが多いそう
そのためにわざわざ電話をくれたのか、うちのような遠くに住む大家にも修繕費を保証してくれる制度があったのかと有り難く思った
のは、最初だけ
借主の話をきくと、借主は既に貰える義援金は修繕費なんてもんじゃないほどもらってるらしく、その上支援金をまるごと懐に入れるつもりだった
修繕のために貰えるお金なのでは?と聞いても、修繕はこっちでやりますと言う
いや、あんたの家じゃないから勝手に修繕すんなよと
というか、安いお金で簡単な修繕されても困る
いずれ定年したら戻るつもりの我が家なんだから
みたいな事を伝えたが、ふじこふじこになってた
仕方なく、飛行機で出向いて話し合い
修繕費ならすでにこちらで手配したから新たに支援金を申請する必要はない、本当に困っている人達に回すべきお金だから申請はむしろするべきではないと伝えた
むしろ本当に困っているのは突然数百万出費しなければならなくなったうちの方だし、うちと同じケースでは借主が支援金を大家にかわって申請してくれるものみたいなんだけどね、何百万も義援金もらえたなら家賃払えよ、と喉元まで出かかったが我慢した
すると借主は激昂
貰えるお金は1円でも多いほうがいい、遠くに住んでる大家さんは懐をいためなくて良いですねと言ってきた
数百万払って懐いためてるっつんだよ
借主のがめつさにドン引きした
ちなみに借主は40手前の独身の女と、その母親だった
そちらがそういう態度なら家賃請求するしそれが嫌なら出て行ってください、と旦那がピシャリと言ったらもっとファビョってしまい話にならなくなったので、帰った
飛行機代も馬鹿にならないのに…
その後も出ていかないとずっと粘っていたがようやく出ていったので、不動産屋にもう少しちゃんとした人に貸すように懇願しておいた
被災した人は本当に大変だったと思うけど、借主のように暮らせる家が倒壊することなく残って普通の生活を送っているにもかかわらずたんまり義援金もらって払える家賃も払わないような人間が存在する事が、私的には衝撃だった
助け合いとか絆って、そういう事じゃないと思う



[ 2017/01/21 00:35 ] 驚いた話 | TB(-) | CM(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク

初めて広島旅行したんだけど、駅ビル一階のお土産売り場のテナントが・・・

kijitopsiba.png
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その9


641: 名無しさん@おーぷん 2015/10/04(日)00:55:27 ID:g4M

本日初めて広島旅行したんだけど、
駅ビル一階のお土産売り場テナントが
9割もみじまんじゅうの店だったのに衝撃。
干菓子や洋菓子も少しだけあったけど、
怒涛のもみじに押されて存在感薄かった。


642: 名無しさん@おーぷん 2015/10/04(日)01:01:01 ID:vDq

>>641
日持ちはしないけど、もみじまんじゅうなら断然「生もみじ」が美味しいよ!


【仕返し】同僚「この花どうしたの?」私「先輩にもらったよ」同僚「捨てなよ」私「???」→衝撃的な理由が…



[ 2017/01/20 18:35 ] 驚いた話 | TB(-) | CM(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク

夫は味の濃いものが好みってことは分かってたのだが、私が作る料理は味が「薄い」なら分かるが「無い」と言われる・・・

kijitopsiba.png
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その9


601: 名無しさん@おーぷん 2015/10/01(木)09:10:52 ID:0u7

交際してる時から夫は味の濃いものが好みってことは分かってたんだけど
結婚してからそれが想像以上のものだったと知った。
私が作る料理はとにかく味がないと言う。
「薄い」ならまだ分かるが「無い」と言われると「え?」と思う。
私は両親共働きで長女だったこともあって、料理はそれなりに作ってた。
ただ私の家が薄味だってことは自覚してたから
そう言われてからは料理本のレシピ通りの分量で味つけした。
それでも味が薄いと言われたので分量より少し多めで。
それでも薄いと言う。
でもあんまり濃くし過ぎると体に悪いから少しずつ薄味に慣らしてほしいと
何度も喧嘩しながら説得して、なんとかレシピ通りの味付けでも食べるようになった。
結婚して一年経った頃に、夫の実家に帰省して
そこで初めて義母の料理を手伝った時のこと。(それまでは帰省しても外食だった)
油どばどば入れるし、砂糖わっさわっさ入れるし、醤油もみりんもジャバジャバ入れる。
大袈裟でなく、まさにそういう擬音がぴったりな入れ方。
そりゃあ味も濃いわけだ・・・。
おまけにそうやって出た料理、煮物にまでマヨネーズぶびぶびかけてる。
なにこれ・・・と衝撃だった。
そして台所の隅には籠に一杯の飲み薬。「母」とか「父」とか籠を分けてある。
洗い物しながら義母に聞いたら、義母も義父も血圧が高いのと
義父は糖尿病の一歩手前だって笑いながら言ってたけど、それ笑いごとじゃないし。
義母曰く「でもお薬飲んでるから大丈夫(Vサイン付き」。
そして「食べたいもの我慢して長生きするより太く短くても好きなもの食べたい主義」なんだって。
太く短く生きてぽっくり逝ってくれるならいいけど、そうじゃないとこっちは地獄だ。
いやそれより夫には健康に長生きしてほしい。
どうにかして実家の味が好みに合わなくなるぐらいに、少しずつ少しずつ薄味好みに変えていかねば。



[ 2017/01/20 15:35 ] 驚いた話 | TB(-) | CM(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク

義実家に行った時、義母から夫の幼い頃のアルバムを見せて貰ったら・・・

kijitopsiba.png
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その9


591: 名無しさん@おーぷん 2015/09/30(水)09:22:43 ID:nbS

夫の叔父2人が双子だと聞いた時が衝撃的だった。
2人の容姿、兄がカンニング竹山で弟が華丸大吉の大吉に似ていて、
下手すれば兄弟ってのも信じて貰えなそうなんだよね。
血の繋がりがあるから目元や鼻とかの形は見れば似ているんだけどね。
先日義実家に行った時、義母から夫の幼い頃のアルバムを見せて貰ったんだ。
その中に夫と2人の青年が写っている写真があった。
青年は目元が片方キリッと片方がトロンとしている違いはあったが、明らかに双子。
義母にこの双子は誰かと聞いたら叔父たちだと。
叔父たちは20代半ばまでは2人ともほっそりした体型だったが、
兄の方は仕事の関係で飲みに行ったりする事が増えて太り、
不規則な生活で髪も薄くなっていったらしい。
髪の毛の方はピンと来ないが、
体型に関してはいかに日頃の習慣が大切か思い知らされた。


【神様からのプレゼント】道端の封筒を何気なく蹴ったら、札束がバサササッ!→70万円入っていて・・・



[ 2017/01/19 20:35 ] 驚いた話 | TB(-) | CM(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク

子供の頃に初めてとんこつラーメンを食べて衝撃を受けた・・・

kijitopsiba.png
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その9


582: 名無しさん@おーぷん 2015/09/28(月)02:26:50 ID:Qhc

超しょぼいけど衝撃だけどw

いま40歳の自分が、9歳の時に麻布(か青山 どっちか曖昧)のラーメン屋さんに
連れて行ってもらった時が衝撃だったなー
TV局に勤めてた年の離れた姉が連れてってくれたんだけど
オシャレ系じゃなくてドライバー系のオッサンが多い立ち食い店だったんだけど
出て来たラーメンが美味しすぎて卒倒しそうになるレベルだった

当時(昭和)、ラーメンといえば醤油味に長ネギ・メンマ・チャーシュー・ほうれん草・海苔だった
いわゆる中華そばね
でもその店はいわゆる「とんこつ味」で、透明の油の層の上に白いアブラがたくさん浮いてた
都内の我が家でも近所でも、そんなこってりしたアブラのとんこつラーメンなんて存在しなかった

姉がドヤ顔で「すごい美味しいでしょ」って言ってて、自分は必死でウンウンと頷いた
姉が外食に連れ出してくれたのはそれっきりなんだけど、鮮明に覚えてるなあ
たぶん仕事柄、新しいグルメ情報をキャッチして、食べさせてくれたんだろうと思う
今やこってりラーメンなんてそのへんにいっぱいあるけど
昭和の子どもが初めて口にした時の衝撃はすごかったよ
今でもとんこつ大好き


義弟嫁「自主性を育てるには放置が一番www」 → 姪「お前を親だと思ったことはない」



[ 2017/01/18 16:35 ] 驚いた話 | TB(-) | CM(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク

飲食店で私らのテーブルに小さい子供が来て「おいちそーだねぇ!あのねあのね、Aちゃんね、いちごしゃんだーいすきなの!」

kijitopsiba.png
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その9


569: 名無しさん@おーぷん 2015/09/27(日)02:38:40 ID:FV5

友達と二人で近くの店でご飯食べつつダラダラ喋ってた時のこと
どっかの子供が私らのテーブルに来て「おいちそーだねぇ!」と話しかけてきた
「おいちそーだねぇ!」というコッテコテの子役みたいな口調が個人的に衝撃だった
まだ学生で小さい子供と関わる機会もほとんど無いもんで

ただあんま深く関わらない方がよさそうだなと思い二人とも適当に子供をスルー
しかし子供は離れず「おいちそーだねぇ!あのねあのね、Aちゃんね、いちごしゃんだーいすきなの!」と
マジで劇団員の子役なのかなってレベルのコテコテな演技がかった子供口調で喋り続け、
それでもほっといたら「いちごしゃんだいしゅきー!」と友達のデザートに手を伸ばし素手でいちごを掴もうとしたので
さすがに「やめてね」と言ってデザートを遠ざけたけど子供は「Aちゃん、いちごしゃんと仲良しなんだよ!だからいちごしゃん食べたいなー!」と食い下がる
仲良しなのに食うのか…と思ってたら今度は両手で頬をおさえて
「いちごしゃん食べるとAちゃん、ほっぺたポロン(トロン?)しちゃうんだよぉー!」
マジで劇団ry
記憶で書いてるから細かいディティールは違うかもだけどとにかく子役みたいなあざとい口調とドラマみたいな台詞だったのはガチ

この辺でようやく店員さんが気付いてAちゃんを親のテーブルに連れてってくれたんだけど
今度はママ同伴で来て、ママさん謝るのかと思ったら「うちの子、食いしん坊で~」とニコニコ
「優しいお姉さん達がデザート分けてくれるってこの子すごい喜んでます」とニコニコ
分けるなんて言ってませんよと言っても「でもこの子すごく喜んでますから~」
言い方悪いけど、子供にコジキまがいのことさせんなよとイライラした
あんまりこういうことさせない方がいいんじゃないですか?とやんわりイヤミ言ったら
「みなさん親切な人ばっかりだから~いつも色んな人に優しくしてもらって~」とニコニコ
どうやら常習っぽくてまた衝撃
ちなみに親子は見た目すごい普通のママと女の子(恐らく幼稚園ぐらい?)
結局Aちゃんはイチゴをゲットできなくて大泣きしながらママに抱っこされて戻っていき、私達は店を出た
すみません、と店員さんに謝られたけど別に店員さんは悪くないしなあ
むしろとっととイチゴあげて大人しくさせとくべきだったかなと二人で反省
でもそういうのが癖になったまま成長したらAちゃんの将来が心配でもあるし、やっぱりあげなくて良かった気もする
友達が店出てすぐ「あんなわざとらしい口調の子供ほんとにいるんだね…」と言ってて
同じこと思ってたのかwと笑ったけど色々びっくりした出来事だった



[ 2017/01/17 23:35 ] 驚いた話 | TB(-) | CM(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク
プロフィール

ばしモン

管理人:ばしモン


詳しくはABOUTにて

連絡はメールフォームから
お願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ページランキング
Amazonベストセラー

スポンサードリンク
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ