ヘッドライン


朝起きたら庭に運送会社の大型トラックが停まっていたのだが・・・

kijitopsiba.png
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その11


169: 名無しさん@おーぷん 2016/01/14(木)10:25:04 ID:Q51

以前、朝起きてカーテンあけたら、庭に某大手運送会社の大型トラック(他県ナンバー)が停まっててびっくりした
夜中に何か音が聞こえた気がするけど、台風の影響で風の強い日だったので、その音だと思ってた

うちはもともと畑を宅地にした土地だからすごく広いし、超ド田舎だから柵も作ってなかったから
入ってこようと思えばだれでも入ってこれるけど、まさか大型トラックが無断駐車するとはw
窓を叩いても反応なし、カーテンが引いてあるから中の様子はわからない

ばあちゃんが作った家庭菜園がタイヤでめちゃくちゃにされているのを見た父親が激怒して
その運送会社の本社の番号調べて電話かけた(なんで警察に通報しなかったんだろうw)
最初は怒鳴るくらいの勢いで文句言ってたのに、どんどんトーンダウンしていって、最後は受話器持ったまま
「いえ、いえ、そうですか~」と頭ぺこぺこさせて終了

何だと思ったら、そのトラック、無断駐車じゃなくて盗まれたものだったらしい
ていうか、大型トラックって盗まれるものなんですかww
例えるなら福岡県のナンバーの車が青森県で発見されたくらい、意外な場所で見つかったせいで
「え、え、そちらにあるのですか?!」と先方の担当者も混乱していたそうだw

その日の昼過ぎに、その運送会社の最寄りの営業所の人がやってきて、警察と一緒にトラックを調べてた
天気の関係とかでその日のうちには動かせなくて、結局1週間近くうちの庭にあった
最後はレッカーされていった

最終日には東京の本社から役職のついた人が菓子折りと商品券(駐車場代だって)を持ってきて
「大変ご迷惑をおかけ致しました」と深々と頭を下げて謝罪された
自分たちが停めたわけでもないのに、ちゃんと対応してくれて感動した



義姉の娘が私の地元の大学に進学する事が決まった。義姉「私さんの実家が空いてるなら住まわせてくれるといいな」義母「使えるものがあれば使いたいわよねぇ。」



[ 2017/03/28 20:35 ] 驚いた話 | TB(-) | CM(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク

彼氏の体臭がすごく甘くていいにおいだと思ったのだが・・・

kijitopsiba.png
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その11


153: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)20:43:30 ID:yEF

彼氏の体臭がすごく甘くていいにおいだと思ったこと
甘いというか、脳がクラクラする感じで何故か郷愁すら感じる
他人のにおいってあまり好きじゃなかったから自分に驚いてた
そしたらワキガだって告白されて衝撃
今までワキガの人が周囲にいなかったから知識だけですっぱい悪臭という認識だったんだけど
受け取り手によっては甘く感じるんだ・・・と本当にびっくりした




[ 2017/03/28 12:35 ] 驚いた話 | TB(-) | CM(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク

大きめの車を買ったら、あまり親しくない近所の奥さんが「やったー!これで助かるわー。」

kijitopsiba.png
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その11


151: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)17:22:06 ID:SCr

結構大きめの車を買った。
子供ら&ワンコとのお出掛けや、両親の介護、夫の趣味も兼ねて。
すると近所の奥さん(子供同士が同級生なだけで全く親しくない)が
ニコニコと近寄ってきて「やったー!これで助かるわー。」
意味がわからないので、なにがですか?と聞き返したら、
「これでうちも気兼ねなく大きな買い物できるし、緊急の際も
助かるからさ!二家族全部乗れるよね」と当然のように言われた。
あさちゃんの「なんでだす?」ばりに聞き返してから、しっかりと
お断りした。ごく普通に「いやいや、関係ないじゃないですかw」と。
するとその奥さん、
「なんで?BさんやCさんのご家族とはお出掛けしてたよね?!」
とキレたので、「BCさんはお友達ですから。」と返事した。
そうしたらその奥さん、パッと周りを振り向いて、大きな声で
「ねえ聞いた?この人、友達だけを依怙贔屓するんだって!!
自分の友達だけ車に乗せて、それ以外はダメなんだって!!」と、
勝ち誇ったように言った。
(学校のイベント準備で父兄が集まってる場での出来事でした)

聞いていた他の皆さん、キョトンとしたり笑ったり。
「そりゃそうでしょ、友達と他人は違うよ」って言ってた。
しかし問題の奥さんは「それって差別じゃない?!
縁あってここにこうしているんだから同じようにすべき、
友達だからって優遇するのおかしいでしょ!!」と食い下がる。
他の人も私も、依怙贔屓とか差別じゃなく、
普段から親しくしている友達なら信頼できるっていうだけ。
お互い助け合ってるし。あなたはそうじゃないの?と聞くと、
自分はそんな友情差別しない!と正論のように大声で言ってた。
博愛精神がない!ってさ。

衝撃だったわ。そんな考えの人もいるんだねwキリストかw
その後、その奥さんの考えに何人かの奥さんが同調した。
以降その数人のグループでいつも行動しているようなんだけど、
同調した奥さんたちはみんなかなりの問題児のお母さん方で、
お子さんだけでなくお母さんもちょっとやばい…という感じで
自業自得で孤立しまくっていた。
その人らにくっつかれて、近所奥さんはすごく困っている様子。
是非とも博愛精神を見せていただきたい。




[ 2017/03/27 16:35 ] 驚いた話 | TB(-) | CM(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク

息子の友達が、実はものすごい秀才児だったのだが・・・

kijitopsiba.png
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その11


146: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)14:45:06 ID:rJ0

この時期になると思い出す。
息子の友達のYくんが、実はものすごい秀才児だったこと。

うちの息子とクラスメイトのYくんは、同じソフトボールチームに入ってたこともあって、
よく一緒に遊んでた。
カードゲームだとか野球だとか河原で秘密基地づくりだとか、
ほんとにふっつーの元気な男の子だった。

ソフトボールチームは12月に引退で、このやんちゃ坊主たちも
そろそろ中学なのね~なんてしみじみしていた2月中旬、
Yくんが超有名私立中学に行くと聞いた。
これが第一の衝撃。

中学受験するという話は聞いていたし、たまにテストで
ソフトの練習に遅れてくることもあったけど、基本的に全然休むことなく
不動のショート1番としてレギュラーで試合も出まくってたから、すごくびっくりした。
そういう子は、スポ少なんてやらないもんだと思い込んでたから。

続きます。




[ 2017/03/26 21:35 ] 驚いた話 | TB(-) | CM(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク

乾燥肌で全身カサカサなのだが手の方はなんとかなっても足の裏はどうにもならない・・・

kijitopsiba.png
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その11


137: 名無しさん@おーぷん 2016/01/11(月)17:45:41 ID:gEX

乾燥肌で全身カサカサ
特に手荒れと足の裏の乾燥がひどい。
手の方はクリーム塗ってゴム手袋して寝るでなんとか改善
でも足の裏はどうにもならない。
ボアシーツの上を歩いたら、マジックテープのようにバリバリ張り付く始末。
新品のストッキングがかかとのガサガサで伝線してしまう。
ダメ元で靴下型のビニールの中の薬液に一時間足を浸して、1週間後には
皮がぽろぽろ剥けてツルツルになるっていうのを買ってきた。
6日に試してみたんだけど、あまり何も変わらない。
ところが昨日、お風呂に入っているときになんとなく足の裏を触ったら
ボロボロっとなんか剥がれた。
しばらく硬いナイロンタオルでごしごしこすってきれいにしたんだけど
私は極度の近視なのでその時の状態はよくわからないままお風呂を出た。
眼鏡をかけてみたら、足の裏はところどころむらがあるものの、かなりきれい。
足の甲の方はあまりこすらなかったので、日焼けで皮がむけた感じ。
指も指の間も皮がむけて、新品のお肌が見え隠れ・・・
現在、かかとはまだちょっと硬いけど、もうシーツは張り付かない。
今までいろいろ試したけど、こんなに簡単にきれいになるもんだったんだね。
20年前の私に使わせてやりたい。




[ 2017/03/26 10:35 ] 驚いた話 | TB(-) | CM(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク

正月に初めてずっと引きこもっていた「幻のイトコ」の実物を見たのだが・・・

kijitopsiba.png
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その11


120: 名無しさん@おーぷん 2016/01/11(月)10:41:19 ID:Nvr

今年の正月、初めて「幻のイトコ」の実物を見た。
イトコは今50代。
イトコが高校生の頃、学校が凄く荒れていた世代で、今で言う学級崩壊の高校生バージョンのような感じだったらしい。
教室のガラスが割られたり、授業中に教師が殴られたりしていたそうだ。
イトコは不良グループに目をつけられ、殴られたりお金を取られたりで、高校に行けなくなってしまい中退した。
以来、ずっとイトコ家の二階にいる。今で言う引きこもりだけど、当時は何て言ったのか知らない。
私が物心ついた時すでにイトコは引きこもっていたので、名前と存在だけ知っていて、実物を一度も見た事が無かった。
親戚の集まりにも冠婚葬祭にもイトコは一度も顔を出さなかった。
そのイトコが今年、母親である伯母に連れられて、祖母の家に現れた。
伯父(イトコの父)が亡くなり、伯母ももう70代後半、しかも癌が見つかったそうだ。
さいわい健診で発見できて、年齢のせいで進行も遅いし、命に別状は無いらしい。
しかし伯母の入院に際して何ひとつできない、一人で病院に来ることもできず、回覧板当番すら務められない息子に
伯母は改めて危機感を覚え(遅い気がするが…)、イトコをせっついて
「せめて外に出て、人に会えるようになろう」と、まずは祖母の家に連れてきたんだそうだ。
初めて会うイトコは、普通の小太りの中年男性だった。
イトコに約35年ぶりに会ううちの両親や叔父叔母は「こんなに変わって」とショックを受けていたが
髪は伯母が切ってるそうで、亡くなった伯父さんの服だから流行遅れではあるけど、見た目はまあ普通。
ただずっとうつむいて無言だった。




[ 2017/03/25 18:35 ] 驚いた話 | TB(-) | CM(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク

10年前に結婚した夫の実家が、某地方の旧家だったのだが・・・

kijitopsiba.png
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その11


116: 名無しさん@おーぷん 2016/01/11(月)02:22:33 ID:LkR

体験というか、この10年の話なんだけど、久々の夜更かしついでに書いてみる。
ちょっと長くなります。

10年前に結婚した夫の実家(以下義実家)が、某地方の旧家。
私と夫は東京の大学で知り合って普通に恋愛して、お互い社会人になって結婚を意識するようになった頃に、夫から「うちの実家は地元では古い家の本家だけど別に面倒な家じゃないから大丈夫」というようなことを言われた。
その時は正直「うわ、なんかめんどくさそう…」って思った。

結婚話が具体的になってきて、まず夫が私の両親に挨拶に来た。
その時、義実家がどういう家なのか、夫が両親に説明したんだけど、夫が帰ってから父に「お前(私)みたいなおっちょこちょいにああいう家の嫁がつとまるか心配でたまらん」とものすごい真面目なトーンで言われた。
私もちょっとそう思った。

いよいよ私が初めて義実家に挨拶に行くことになった。
義実家はとにかく広くて大きくて、蔵なんかもある。
夫両親と夫祖母と夫姉と夫妹が迎えてくれて、この夫姉が本家を継ぐ人。
義実家は代々長子相続で、夫姉・夫兄・夫・夫妹っていう4人兄弟なんだけど、お金も家も土地も会社も基本的には全部夫姉が継ぐ。
ちなみに、当時の本家頭領は夫父で、その前が夫祖母。
で、今はもう夫姉が継いでいる(夫両親は存命)

夫家族との初対面は、私なりに緊張して臨んだんだけど、拍子抜けするほどあっさりと和やかに済んだ。
私は東京生まれ東京育ちで、父は普通の会社員で、母は某会社の社食のパートで、由緒正しくもなんともない。
私自身は夫と同じ大学を出て、それほど有名ではないけどまあまあ堅実な会社で働いている普通のOLだった(当時)
でも全然反対されなくて、ただ結婚式披露宴は私と夫が働いている東京でやっていいけど、夫地元でもちょっとした披露宴をやってねって言われたくらい。
結果、東京の某神社で結婚式を挙げて(神前婚は私の希望)、同じく東京のレストランでお互いの両親ときょうだい、ごく親しい友人と恩師を招いたこじんまりとした披露宴をした。
夫の地元でやった披露宴は、本家の次男坊の嫁のお披露目みたいなかんじだったけど、私は夫母から贈られた着物を着て、普通に飲んだり食べたり喋ったりしてるだけで良かった。
それから10年、私と夫は東京で働きながら普通に暮らしている。

田舎の旧家の本家って聞くとしきたりだの嫁の役割だの色々面倒なイメージがあったけど、全くそんなことはなかった。
夫姉は本家のドンだからすっごい強権をふりかざしたりするのだろうか…なんて思ってたけど、それは勝手な思い込みで、権力よりも責任が重い立場なんだってことがわかった。
お正月、お彼岸、法事、そういった行事には必ず出席なイメージだったけど、独立した家庭を持った次男坊夫婦は、参加してくれれば嬉しいけど、仕事の都合とかあるし、そんなちょいちょい帰れないよね、みたいなスタンス。
それでも、私の両親が出来るだけ帰ってお手伝いしなさいって言うんで、結婚してからの2~3年は可能な限り義実家に行くようにしていたけど、行ってもあんまりやることはない。
お手伝いさんがいるし、手が足りなかったら追加で雇うだけの話、みたいなかんじ。
私は夫祖母と趣味が同じだったので(タカラヅカ)、夫祖母とご贔屓さんの話をするのが、役目っちゃ役目。




[ 2017/03/24 23:35 ] 驚いた話 | TB(-) | CM(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク

初めて行ったスーパーで店員が明らかにこちらをジロジロと見ていたのだが・・・

kijitopsiba.png
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その11


112: 名無しさん@おーぷん 2016/01/09(土)20:36:17 ID:Rf8

10年以上前の話ですが
ド田舎から地方都市に出て一人暮らしをしていました

いつもはアパートのすぐそばのスーパーで買い物を済ませるのですが、友人宅に寄った帰りに行った事のないスーパーに立ち寄りました
そこの店に入ってすぐから1人の店員(女)が明らかにこちらをジロジロ
仕事中にチラチラ見るという感じではなく、店内のどこを見ていても視界に入ってきたので、まんびきを疑われているのだろうと思い、ジュース1本だけ買って店を出ました
すると後ろから「すみません!」と例の店員が走り寄ってきた
ジロジロ見られて不快だったし、当たり前だけど万引きもしてないし、なんなの




[ 2017/03/24 16:35 ] 驚いた話 | TB(-) | CM(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク

大阪に友達と遊びに行ってある定食屋に入ったらそこにあったメニューに驚いたのだが・・・

kijitopsiba.png
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その11


104: 名無しさん@おーぷん 2016/01/09(土)01:48:56 ID:WUj

小さいけど関西の方にびっくりしたこと
わたしはロシア人。10歳の時に日本に来て、
偶然に偶然が重なって25歳になるまで関西人と交流が一切なかった
この前大阪に友達と遊びに行ってある定食屋に入ったら、
たこ焼きとゴハンと味噌汁が一緒になっているセットが普通にあった
夕飯に入ったお好み焼き屋では店員さんがお好み焼きを
ブロック状に切って出してくれた(ピザ切りじゃない!)
どちらもテレビの冗談だと思っていたので凄くびっくりした




[ 2017/03/23 22:35 ] 驚いた話 | TB(-) | CM(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク

父は強面でいつも不機嫌そうだったが、高校生のとき、気分が悪くなって早退した時に・・・

kijitopsiba.png
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その11


101: 名無しさん@おーぷん 2016/01/08(金)17:15:01 ID:7jj

父に私の知らない顔があったこと。

父は強面で、口はへの字で眉間にはシワを寄せていつも不機嫌そうな顔だった。
母に対しても「おい、新聞」だとか「お前、耳掻きどこやった?」だとか、偉そうな口ぶりで指図してた。娘である私も父の笑った顔なんか見たことないし、物心ついたときから父が怖くてあまり喋った記憶がない。
対称的に母は穏やかで、どれだけ父が怖い顔してようがニコニコ笑って父の指図に応えてた。「お父さんはああいう顔なのよ」って言ってたけど、私は常になまはげに見張られてる感じだった。

私が高校生のとき、気分が悪くなって早退したことがある。ちょうどその日は父が休みだったので、怒られやしないかとビクビクして帰ったんだけど、どこか出掛けたみたいだった。
そのまま自室で寝てたら、母が買い物から帰ってきて、しばらくしたらもう1人帰ってきた音がした。
すると突然「○○ちゃ~ん」と母の名前を呼ぶ声がした。父なら「おい」とか「お前」としか母のことを呼ばないので、ふりん相手か?!とも思ったけど、何とも言えない低音は父のそれだった。
もうびっくりして気分が悪いのも忘れて、気付かれないように居間を覗くと、母の膝に頭を預けて耳掻きしてもらってる父がいた。「○○ちゃん、今日の夕飯なに~?」なんて甘えたような声を出してて、衝撃的すぎて「ヒエッ…」みたいな声が出てしまった。
その声に気付いた父が、なんでもないような顔で「帰ってたのか」とか言ってたけど時既に遅し。母も「あらあら~」って笑ってた。

いつものなまはげが、七福神のうちの1人みたいな顔になっていたのがスレタイです。その顔に出会えたのはこの1度だけ。




[ 2017/03/23 14:35 ] 驚いた話 | TB(-) | CM(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク
プロフィール

ばしモン

管理人:ばしモン


詳しくはABOUTにて

連絡はメールフォームから
お願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ページランキング
スポンサードリンク
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ